スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャンパーニュ 2006年02月10日 さと コメント:4

cave2_sato.jpg

私の好きなシャンパーニュのメゾンの一つ、テタンジェに行きました。
cave1_sato.jpg

このような螺旋階段を下りると、地下のカーブに着きます。
結構階段が長いので、年配の方は辛そうでした。
地下にたどり着くと、ガイドさんがシャンパーニュのビンが並んでいるカーブの中を、作り方を説明しながら案内してくれるんです。
シャンパーニュの泡は、炭酸ガスを詰め込むんじゃなくて、ブドウが発酵する際に自然にできるものです。発酵過程でできるオリをビンの口に集める為に毎日少しずつビンを回します。とか。
そして最後に試飲。これが最高です。一人7ユーロ。

*実はテタンジェは2回目です。一回目は数年前、偶然駅で出会った日本人おじさんと一緒に行きました。話しているうちに九州弁がでたので、分かったんですよね。その方が九州の方だって。フランスで偶然あった方が九州の方だって分かって何だか嬉しかったです。
その方は、唐津の有名な旅館のオーナーさんでした。
泊まりにいきたいな。その旅館、洋々閣に。

*カーブの様子はコンパクトデジカメでとっていたのですが、photoshopで開こうとすると圧縮エラーとかなんやらで開けませんでした。

コメント

さとさん、テタンジェはボクも大好きです。今泉の「ランデブー・デ・ザミ」では、グラスシャンパンとしてはテタンジェがベーシックとなっています。唐津の洋々閣はステキな旅館ですよ。女将が上智大出身の才女でお話も盛り上がります。また椅子のコレクターとして有名なN氏が家具含め手がけているので、空間もステキです。フランスで偶然に出会うなんていうのも何かの縁ということで一度訪ねるといいと思います。宿泊しなくとも、お昼を予約し、午後を楽しむということでもいいのではないでしょうか。もちろんカメラ持参でね。さとさんが撮りたくなるようなモチーフがたくさんありますよ。
  1. 2006/02/11(土) 07:03:53 |
  2. URL |
  3. hide #-
  4. [ 編集 ]
圧縮エラーが起きた写真データを、とりあえずメールに同封して送ってみてください。今ここにはパワーブックしかありませんが、21日くらいには一時退院しますのでチェックしてみます。
  1. 2006/02/11(土) 07:36:30 |
  2. URL |
  3. hide #-
  4. [ 編集 ]
ありがとうございます。
写真データはサイズが700KBくらいあります。PHSですと、メール受信に1時間20分くらいかかる(64kbpsとして)かと思いますので22日くらいに送ってみます。
  1. 2006/02/11(土) 09:35:58 |
  2. URL |
  3. さと #tQ725RIE
  4. [ 編集 ]
昨夏の懇親会’(すなわち飲み会)で、さとさんが 優雅にグラスを傾けておられた姿を思い出しました・確か、あの時は ワインだったかと・・・
唐津は、福岡から程よい距離にあり 何度か訪れたことは有りますが、今度また行きたいと思います
その昔、唐津・有田・伊万里の焼き物を介して、和の人・亜の人・洋の人が はるばると海を渡り、イマは、さとさん、先生、某有名旅館のご主人らが 美酒に酔う為 時差をひとまたぎ    ・・・ロマンですね
  1. 2006/02/11(土) 12:54:59 |
  2. URL |
  3. スクェアcat #xGexxF22
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。