スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さぼてん 2007年02月25日 weavee トラックバック:0コメント:0

こんなのを撮っていたら、
80歳を越していそうなおじいさんに話しかけられた。

saboten


kobana

以下、標準語に意訳。

「聞きたいことがあるんだけど。
写真を撮ったらすぐその場で見られるのがあるでしょう?
あれはどこに売っているの?」
(ポラロイドのことね。 おじいちゃん、手に入れるの難しいかも。)

「写真を撮っていて、途中でフィルムを変えたい時とか
一旦先にプリントしたい時に使えるようなのは・・・?」
(APSですか。これも最近見かけないなぁ。)

他にも色んな世間話をしてくれました。
「この先の路地は普通の人は入らないでしょう?
でもこの奥に munya-munya 親戚が munya-munya・・・」

英語のリスニングテストのように全神経傾けて理解しようとしたのですが、
歯がほとんどない上、方言も混じっていたので半分以上分かりませんでした。
ああ、ざんねん。
でもカメラにかなり興味がある、ということだけは分かりましたよ。

あまり役に立たなかったけど何度も「ありがと」と言ってくれたおじいちゃん。
記念の後ろ姿です。

ojiichan

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://photocahier.blog14.fc2.com/tb.php/916-3a6ae5d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。