スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元ネタ 2006年02月09日 さと コメント:5

moulin-rouge_sato.jpg


これはタイトルに使っている写真の元ネタです。
パリのムーランルージュです。ムーランは風車、ルージュは赤という意味です。下にバスの屋根が写ってしまいました。

コメント

はあ~、ムーランルージュって赤い風車って意味だったのね。
ムーラン→ムートンみたいな物 ルージュ→口紅 のことかと思ってました。
まあ、確かにムートンみたいな口紅? 意味解からん。
  1. 2006/02/09(木) 23:47:14 |
  2. URL |
  3. tomo. #-
  4. [ 編集 ]
ロートレック
ムーラン・ルージュというと、ロートレックの絵画・ポスターをイメージします。
1890年頃のムーラン・ルージュのモノクロ写真が、彼の画集に載っていて、さとさんのお写真と見比べると、なんともいえない感動がじわじわ沸き起こります。当時の写真には、ちょうどバスが写っている位置に、「人力車」が写っているんですよ。時代を感じますね。
  1. 2006/02/10(金) 02:36:24 |
  2. URL |
  3. akiyasu_sukiyasu #-
  4. [ 編集 ]
以前は、モンマルトルやピガールの夜は危ないヤバイという感じだったけど10年前くらいからちょいとステキなカフェやバーができ穴場といわれた時期もありましたね。アメリのおかげで決定的な人気になりましたけど。一度、ムーランルージュあたりのライブハウスからの帰り、サン・ドニ門をくぐったあたりの場末のホテル前に娼婦がぽつんぽつんと立っているの見ましたよ。何故なんでしょうねぇ?ちょいと太めの女性ばかりでした。ルノワールが描くようなふくよかな女性が、人気なのかな?、、、、なんて、あまく、まるく、おおきく、うまい、あまおう(イチゴ)をかじりながら思い出してしまいました。この4つの頭文字をあわせて、「あまおう」というのです。なんか、すみません、朝からとりとめのない話ばっかりで、、、
  1. 2006/02/10(金) 07:42:42 |
  2. URL |
  3. hide #-
  4. [ 編集 ]
こんにちは~
タイトル写真、気になっていたんですよね・・  恐らくそうだろうと
思ってましたが、やはりムラーンルージュでしたか。。

10年ほど前にパックツアーのオプションで行きました。
トップレスの女性などが出てくるショーもあったのですが、いやらしいという
雰囲気はまるでなく、まさに良質のエンターティンメントでした。
出演者は、どの人も北欧系のすごい美男美女ばかり、おそらくオーディション
も大変なものなのでしょうね。 ツアーからの参加者のオバチャンたちまで、
キャーキャーと、凄い興奮状態・・(笑)
そんな思い出も懐かしく、コメントさせていただきました・・

写真は、バスの屋根も臨場感があって、むしろ良いですね~
  1. 2006/02/10(金) 14:08:47 |
  2. URL |
  3. P_chan #vF6dOJDI
  4. [ 編集 ]
実はまだ、ムーランルージュの中には行った事がありません。
ピガールという場所柄、怖いイメージがあり、この辺りの店には余り入った事がないんです。
ちょっとだけ、さんまさんの番組で紹介されていたのを見ましたが、楽しそうですね。 P_chanさんのおっしゃるとおり確かにいやらしいという感じはしませんでした
  1. 2006/02/10(金) 23:59:52 |
  2. URL |
  3. さと #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。