スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もちつき 2007年02月01日 akiyasu_sukiyasu トラックバック:0コメント:2

懐かし屋

豊後竹田にある「昭和ロマン館」を訪れたときのこと、
「もちつき」が行われていました。

いつの頃からか、「もちつき」という行事とも
縁遠くなってしまったのですが、
冷たい風にのって、もち米の香り、湯気が漂ってくると
何か懐かしく、とてもほくほくとした気持ちになりましたよ。
あの、ぺったん、ぺったん も耳に心地いいですよね。
もちつき

せっせっともちをまるめる作業も、わくわくしてきます。
つきたては、そのままつまみ食いしたくなりますよね。
まるめる

年の数だけおもちを食べる、ということも
今ではもうあまりないのですが、「もちつき」は
残しておきたい日本の風景のひとつだと改めて感じました。
つきたて

何もつけなくても、そのまま おいしい~

コメント

小さい頃、年末には田舎の本家に親戚中が集まって、外でもち米を蒸し、杵でついて、山のように餅を作っていたのを懐かしく思い出しました。
つきたてを横から拝借して、「アツアツ」言いながら食べる幸せ。
そういうことがあったのが今は信じられないような気がします。
  1. 2007/02/02(金) 23:46:54 |
  2. URL |
  3. weavee #3un.pJ2M
  4. [ 編集 ]
学生時代、年末に餅屋さんでアルバイトをした経験もあるのですが、もうすでに機械でお餅をついていました。
weaveeさんのご親戚みなさんそろっての餅つき大会(?)、もう今は開かれていないのですか?とてもうらやましい情景です。
今や、鏡餅もプラスチック製、中に真空切り餅というタイプもふつうになってきましたよね、合理的な面が優先されていく。時代ですよね~。
  1. 2007/02/03(土) 00:40:45 |
  2. URL |
  3. akiyasu_sukiyasu #TJwWj8Lg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://photocahier.blog14.fc2.com/tb.php/857-c3f0dfa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。