スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊池武光 2006年11月25日 akiyasu_sukiyasu トラックバック:0コメント:2

さとさんのジャンヌ・ダルクに続き、日本の勇姿を!
GO AHEAD


名将 菊池武光公の像です。360度見る角度で表情が違い、連続した動きを感じさせます。
天翔けるごとき馬の躍動感、高く上げる手腕の力強さ。勇ましい声が響き渡ってきそうです。
T.KIKUCHI


詳しくはコチラ↓
http://www.kumamoto-enet.jp/column/top/2004/10/kikuti/index.htm
24代462年、連綿として王事に励み、清廉にして信義に篤く、邪に組せず断じて変節しない菊池一族の士風は、「菊池精神」という精神文化をも創造したのだそうです。
「菊池市ふるさと創生市民広場条例」の第1条にも「…菊池精神の高揚と地域の活性化を図るため…」というのがありました。「菊池精神」が菊池市民にとって大切なものであることが伺えます。
睨

真下から見上げたときの、菊池氏は、ちょっとコワカッタです…

この像は、一見の価値ありますよ。

コメント

菊池市の名前は菊池氏からきているのですね。
菊池精神とは今はなくなってしまった日本の美徳の言い換えでもあるように思います。
市の条例に「菊池精神の高揚」とはなんと猛々しい。福岡なら「黒田精神」となりますか。
最近、青銅の彫刻などを見ると、この硬さでこの柔らかさを出せるなんて!と単純なことでびっくりさせられます。
この彫刻の躍動感にも、きっとそういう驚きを感じる事ができそうですね。青空が似合います。
  1. 2006/11/25(土) 23:10:08 |
  2. URL |
  3. weavee #3un.pJ2M
  4. [ 編集 ]
weaveeさん
「黒田精神」、なるほど~!福岡人として、もうちょっと意識してみようかな、という気になりました。

制作は日本芸術院会員 中村晋也さん。
http://www.ne.jp/asahi/musee/nakamura/02-06-10/index.html
この像は10mほどあるのですが、騎馬像としては日本最大、アジア最大(ホントかしら?)サイズらしいですよ。
ロダンによる像の体の線のやわらかさにもため息がでますよね。
撮りながら、嵐も似合うかなぁ、という気もしました。
  1. 2006/11/25(土) 23:34:21 |
  2. URL |
  3. akiyasu_sukiyasu #TJwWj8Lg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://photocahier.blog14.fc2.com/tb.php/691-efa35240
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。