スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とら とら とら 2006年11月16日 akiyasu_sukiyasu トラックバック:0コメント:3

ととらら

動物第三弾 です。
迎え虎

北九州の小倉城にある、雌雄一対の名画です。
お城に入るとまず私たちを迎えてくれるのが、この「迎え虎(雄)=千客万来」
迎える、といより威嚇してるような、感じもしました。。。
お城から出るときには、お見送りの「送り虎(雌)=麗虎招福」があります。
高さ4.7m×幅2.9m の大画です。(写真は「迎え虎」です)
小倉城が消滅した慶応2年が「トラ年」だったのにちなんで描かれたそうです。
トラえる

この「迎え虎」がすごいのは、正面、左斜め、右斜め、どの角度か
ら見ても、「目が合ってしまう」ということです。
(目が合うというより、にらまれてるような…?)

絵画から飛び出してきそうな大迫力でしたよ。

コメント

確かに柵がいりそうな迫力です。
こんなのに見送られても、背後が恐ろしい・・・

斜めから見ても目が合ってますね~
上からも見てみたい気がします。
  1. 2006/11/16(木) 22:19:32 |
  2. URL |
  3. weavee #3un.pJ2M
  4. [ 編集 ]
モナリザのような虎ですね。
子供の頃、お正月に小倉城に行ったことがありますが、
外で配られていたゼンザイだけごちそうになって
帰ってきてしまいました。
追っかけられなくて 良かったです。


  1. 2006/11/19(日) 17:29:48 |
  2. URL |
  3. スクエアcat #d3xRQPUk
  4. [ 編集 ]
weaveeさん
今度小倉城にお越しの際は、ぜひこの巨大ねこちゃんにひと目会ってきてください。きっと猫好きのweaveeさんならお気に召すのではv-238、と思います。口元やひげの具合なんてリアルでしたよ。

スクエアcatさん
モナリザのような、というたとえがいいですねぇ。確かに追いかけられそうな気もしました。実は後ずさりしながら写真を撮っていて、ごろんと後ろに転んでしまった事実が…やっぱし、迫力に押されてしまったのかしらe-465


「トラ年」にちなんで、ということですが、もし城消滅の慶応?年が「ネズミ年」だったら、「迎えネズミ」「送りネズミ」の雌雄一対の画が描かれていたのだろうか。。。
  1. 2006/11/21(火) 21:49:56 |
  2. URL |
  3. akiyasu_sukiyasu #TJwWj8Lg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://photocahier.blog14.fc2.com/tb.php/677-ba628359
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。