スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二十四気 2006年02月03日 akiyasu_sukiyasu コメント:3

new

今日は 節分 だ。節分は 立春 の前日のことだ。立春イブだ。
太陽の黄道上の位置(黄経)によって、一年を二十四(各十五日)に区分した中国伝来の陰暦の季節区分を「二十四気」または「二十四節」といいます。春は二月四日の「立春」から、「雨水(うすい)」「啓蟄(けいちつ)」「春分」「清明(せいめい)」「穀雨(こくう)」と続きます。これらの名称を並べるだけでも、春という時節を堪能できてしまうのだから、言葉(日本語・漢字)というのは本当にすごいです。
生あたたたかな春風や雨、植物の芽吹く香り、太陽の光や温度など、思い浮かべるだけでとてもうれしい気持ちになります。

コメント

人が小さくて海に映る太陽の光が大きいので、自然は雄大だなぁという感じがしますね。場所はどちらでしょうか?
私は、節分ということを忘れてて夜23:30くらいから豆まき。
このマンションでは、少なくとも同じ階で、入り口のドアの前に豆がちらかっているのは、うちくらいのものです。
  1. 2006/02/04(土) 00:57:20 |
  2. URL |
  3. さと #-
  4. [ 編集 ]
立春である今日、大雪であるように裏切られるコトは多いけれど、春は始まりを予感させてくれるステキな響きを持っています。ご心配をおかけしています病状の件ですがあまり芳しくありません。コミカレの方にも当分休講でということをお願いしようと思っています。幸いこのサイトがありますのでここを使ってのフォトレッスンということになりますが、よろしくお願いします。さてさて写真を見させていただくと右半分に夕日の光条、よくよく観ると左下に楽しんでいる数人のシルエット。ステキな画面構成になっています。ただ水平線がちょいと右上がり。これは撮影者本人の癖(実はボクも右上がり)の場合がほとんどで直線ラインを出したいときは細心の注意を、、。それでもなってしまった場合は、ほんの少しのトリミング(傾き補正)で対処しましょう。
  1. 2006/02/04(土) 17:15:01 |
  2. URL |
  3. hide #-
  4. [ 編集 ]
今朝は職場で豆まき談話。後輩の家では「鬼は~外~」で庭の向かって豆を撒き、「福は~内~」で豆を撒かずに口の中へ。もぐもぐその場で食べるのだそうです。
これなら散らからないし、食べれるし、一石二鳥でしょ、と。なるほど。
さとさん宅の玄関では、鳩やスズメたちが撒かれた豆を朝ごはんにしたのかも?
_
↑は、韓国のマイアミと称される(ほんとかしら?)ビーチリゾート、海雲台(へウンデ)の海です。朝食を食べた後、ホテルの部屋から撮りました。
ここは初日の出ポイントのひとつで、元旦は各地から人々が集まり、白い砂浜の海岸が人人人で真っ黒になります。加えてたくさんの飛行機や船が赤や黄色の噴煙を撒き、空と海が彩られます。

hide先生早速のご指導ありがとうございます。水平線が右上がり。そおなのです、ついつい右に傾いてしまいます。今年は細心の注意を払って撮ってみます。傾き補正もやってみま~す。ブログでレッスン、よろしくお願いいたします。
  1. 2006/02/05(日) 02:54:56 |
  2. URL |
  3. akiyasu_sukiyasu #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。