スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一雨千山を潤す 2006年05月30日 akiyasu_sukiyasu コメント:1

寺町を歩くということは、いろんな教え、不意打ちを食らうような説教にめぐりあえる、ということでもあります。誠にありがたいことです。
校門?

この「千栄禅寺」は洋風の禅寺でした。洋風の禅寺?ってなんだかおかしい表現ですよね。我ながら。


お堂入り口

扉の金具

本堂のステンドグラス?モチーフはしっかり桐の花。
ステンドグラス

禅寺です。教会ではありませんよ~
本堂全景

ぱらぱらと空からおちてきた小雨に濡れながら、ちょうど目にして、言葉しました。
しみじみと。
一雨

コメント

このお寺には不意打ちを食わされましたね。国籍不問、開放的な禅寺のイメージでしょうか。屋根の上にあるのは十字架ではないのかと、しっかり確認しました。窓に映った和と洋の組み合わせが不思議な感じがします。
一粒の雨が山も潤すし、岩にも穴をあける大きな力になるんですね。
  1. 2006/05/30(火) 23:40:09 |
  2. URL |
  3. nao #3un.pJ2M
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。