スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学問の神様 2006年03月16日 akiyasu_sukiyasu トラックバック:0コメント:4

みなさんと太宰府に「撮影おでかけ」したときの写真です。
真夏の太宰府、暑かったですねぇ。
ひょうたん


太宰府にお参りするときは、紙幣ではなく硬貨にしましょう。
天神様(菅原道真)を太宰府左遷へ追い込んだ「藤原時平(ときひら=じへい=しへい)」と「紙幣(しへい)」が同じ韻をふむから、らしいです。天神様は紙幣がお嫌いのようです。先日の歌舞伎で知りました。
boy meets ...

「書く」ということは、想い の具象化、ビジュアル化。文字にすることによって潜在意識にインプットされ、整理・実現されてゆくといいます。「絵馬に願いを記す」、しばらく書いてないなぁ…
ema


太宰府の 超キュートで クールなキャラクター「うそ」
1/7に開かれる「うそ替え」、どなかた参加された方いらっしゃいます?
境内広場で木うそ(この日だけ授与)を手にした人々が、「替えましょう~、替えましょう~」と呼び合いながら、木うそを取り替え合うそうです。木うそを取り替えることで、1年間に知らずについた嘘やどうしてもつかなければならなかった嘘を精算し、天神様の誠心に変えて幸運を頂き、新たな気持ちで本年を過ごすための迎春の神事だそうです。たのしそーではあ~りませんか~?
なお、授与される木うそのうち 6体 だけは「金うそ(なんと純金~!)」だそうです。木うそは、天神様のお使いの鳥といわれる実在の鷽(うそ)を朴(ほう)の木で彫った神縁品、開運を授かるそうですよ。お土産でも大人気。
uso


おやおや、駅前のポストの上にも 「うそ」 発見。うそポスト。(うーむ)
uso post


参道のアンティークショップ前にはこんな おじさまの姿も。
man


天満宮近くにある 光明禅寺、はヒットでしたねぇ~
いつまでも あの静寂の中に身を潜めていたいような、禅の精神に触れていたいような。きっと皆さんも この日、禅寺ラブ(うふ)(?)だったと想います~
who


替えましょう~、替えましょう~

コメント

暑い夏の撮影行きだったけど、光明禅寺の静寂のなかの冷気とシャッターを押すメンバーの熱気は記憶に残ってますよ。その後の豆腐料理と美味しいビールもね。残念ながら、お酒は飲めない身体になってしまったけど、またゆるりと野外での撮影がみんなとできるように頑張りますよ。
  1. 2006/03/17(金) 07:17:53 |
  2. URL |
  3. hide #-
  4. [ 編集 ]
真夏の太宰府、間違いなく暑かったはずなのに、全然暑い記憶がないんです。まだ落ち着きなくキョロキョロしていた時期だったからか、光明禅寺の涼しさの記憶の方が勝ったからか。一月の光明禅寺は、雪が残っていて一刻も早く退散したくなるような寒さでした。最後の写真は夏にみんなで行った時のですか? 写ってるのは誰だろう? ものすごく熱心に見てるけど、何か写してるのかな~
  1. 2006/03/17(金) 23:52:06 |
  2. URL |
  3. nao #-
  4. [ 編集 ]
発見!
6枚目のアンティークショップのおじさんは、3月14日にtomo.さんがアップした「インテル入ってる~」(じゃなかったかな)の写真のおじさんでは?
むむむ、こんな所に入っていたとは おじさんも なかなかです。
さらに、最後の写真のシルエットは、。。。むむむ、これは、もしかして???
このカメラの形は。。。
いやいや、誰とはわからない方が ミステリアスでいいですよね。
  1. 2006/03/19(日) 10:39:31 |
  2. URL |
  3. スクェアcat #d3xRQPUk
  4. [ 編集 ]
>hide先生
春分の日ももうすぐ。あたたかくなってきましたね。先生いかがお過ごしでしょうか。皆さんでご一緒したお豆腐料理屋さんも雰囲気よかったですね。あの日お豆腐料理ではなく、その他のアラカルトを注文しましたが、稲庭うどんの量には驚きましたねぇ。つるつるるっと三口くらいで(大袈裟かしら)終わっちゃいました。塩で頂くざる豆腐はおいしかったな.洗面器サイズのサラダ、あれは逆にひきました…太宰府をはじめ、近くにいい場所ってたくさんありますよね。野外で撮影&おいしいごはん、楽しみにしてますね~

>naoさん
禅寺でみなさんどっぷりはまってしまいましたよね。どのくらいの時間あの場所にいたのでしょう。緑の木々、しっとりとした苔。今でも目を閉じると瞼の裏に映るようです。1月の禅寺は、想像するだけでも耳がきーんと冷たくなります。板張りの廊下の冷えもキビシソウ。↑の写真は全部皆さんと一緒のときのですよ。最後の写真のLadyは、そう、まさに「カメラを覗き込んでいる」姿です~暗い室内に浮かび上がる彼女のシルエット、その真摯な横顔がとても美しくて☆☆☆

>スクェアcatさん
わぁ、発見!ですね~tomo.さんのおじさまと同じような気がします。あのおじさま、結構いろんなところに出没されているようで。記憶が正しければ、カメラのゴゴーさんの近くの珈琲のシャポー前にも、いたような。
ふっふっふっふ。ご名答ですよ~、みんなが禅寺のお庭に出ているとき、室内でなにやら座り込んで撮影しているひとりの女性に目が留まりまして。一体何を撮っているのかな~と気になりつつ、その真剣な姿がとてもきれいで、思わずパチリ。「覗き込んで撮る」カメラは、そのひとつひとつ、1シャッターに込める想いがきっと深いのだろうな。
  1. 2006/03/19(日) 21:11:14 |
  2. URL |
  3. akiyasu_sukiyasu #TJwWj8Lg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://photocahier.blog14.fc2.com/tb.php/208-30033e74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。