スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blue... 2006年02月23日 akiyasu_sukiyasu トラックバック:0コメント:3

H

tomo.さんの「BLUE」、はい、二番手いきます。
「BLUE」って、いろーんな意味がありますよね。
その色の種類もたくさん。青色、空色、紺、藍色、群青色…
先日のスクェアcatさんの青い雪景色の「色温度」のお話で思い出したのですが、
海や空が青に見えるのは、海水と大気が、波長の長い赤系統の色を吸収して、波長の短い青系統の色を反射するため、と昔学校で習ったような。色って不思議だ。

「BLUE」
の音楽といえば、映画『べティ・ブルー』のサントラ、そしてこの1枚をご推薦。
joni mitchll

『BLUE』ジョニ・ミッチェル 1971年のアルバムです。
詳しくは↓をご覧ください。
http://music.goo.ne.jp/artist/ARTLISD10090/review.html
彼女にしか弾けないピアノの旋律、彼女にしか歌えない唄、作れない曲。ジャケットの写真がコワイのなんて、へっちゃらです。

「BLUE」といえば、ブルーバード。その響きのゆえ自動車も好きでした。
そして、「鳥」つながりで(どんどんつながる…)この1冊をオススメいたします。
blue bird

『ぼくの小鳥ちゃん』江國香織著(新潮文庫)
荒井良二さんのイラストもキュートで、さくさく読めます。
ラム酒のかかったアイスクリームが好物の小鳥ちゃん。
小鳥ちゃん日はく「あれは世界じゅうでいちばんいいたべものよ」なのだそうです。
ちょっとわがままな小鳥ちゃんと人間の「ぼく」とのかけあいが絶妙ですよ。

チルチルミチルの『青い鳥』、も読み返してみようと思う今日この頃です。

コメント

ベティブルーは37.2度(妊娠時の体温)でしたが、一時退院したボクは37.5度の熱がでると、即刻、帰院しないといけません。トホホ。とにかく風邪等引けない状態ですが、やはり外気に触れるのは心地よいですね。ブルーといえば、「GRAND BLEU」いやいやブルーノート福岡が最初に出てきますね。開業時のウィントン・マルサリスから9年、毎週でかけてはアーティストの写真を撮ったことですね。とはいえ、過去のコトではなく、これからの写真のコトばかり、休養中?に考えてますよ。。
  1. 2006/02/23(木) 08:49:33 |
  2. URL |
  3. hide #-
  4. [ 編集 ]
BLUE三番手・といきたかったのですが、悲しいかな デジタルじゃないのでイマ撮ったフィルムを すぐにお披露目できません・
私の持っている「ブルー」は、高砂淳二さんの その名も「BLUE」という写真集です・水の中や、海と空の さ・か・い・め のブルーグラデーションなどの写真が載っています。「ブルー」や水の中の感触に安らぎを感じるのは、生まれる前、
羊水の中で眠っていた記憶がよみがえるから・・といったコメントが添えられています
  1. 2006/02/23(木) 16:13:36 |
  2. URL |
  3. スクェアcat #xGexxF22
  4. [ 編集 ]
>hide先生
ご退院おめでとうございます!ううむ、お熱が上がるとたいへん。栄養・睡眠、うがい手洗い、充分な休養をおとりくださいね。
ブルーノート福岡(今は「ソウルバード」というのかな?)。先ほどあらためて先生のWebサイトの「Works」にある「Blue Note」のところを見てきました。ポートレートの数々。うーむ、圧巻です~。
ポートレートは、難問課題。うう。超未開発地帯のまま。これから力を入れていきたいと思ってますです。よろしくお願いいたします~

>スクェアcatさん
次なるブルー、わくわくします。デジタルのファーストフード、フィルムのスローフード。どちらもそれぞれおいしい。スクェアcatさんとハッセルさんのタッグ、楽しみです。高砂淳二さんの写真、naoさんも写真集をお持ちだそうですね。そうそう、胎内の羊水って、海と同じ成分(ミネラルバランス)を持っているらしいですね。全ての生命体の源が「海」であることを再認識してしまいます。母は海なのだ。海は母なのだ。
  1. 2006/02/25(土) 02:14:46 |
  2. URL |
  3. akiyasu_sukiyasu #.vjKhiP6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://photocahier.blog14.fc2.com/tb.php/145-4b595e06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。