スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タリヤセン 2009年08月02日 さと トラックバック:0コメント:2

 軽井沢タリヤセンには、レイモン・ペイネの美術館がある。
ウチにはペイネの絵がある。妻がペイネが好きなんです。

 プロバンスに前行った時に、アンチーブにあるペイネ美術館にも行こうと思ってたけど、ちょうどストで電車が止まってたので、行かなかった。
なので、私はペイネは初体験。

sato20090802-22.jpg

 どんな画家なんだろう。どんな絵があるんだろう。

 建物に入るとこじんまりとしたところに、絵が並んでいる。
何処かで歩いたような、くの字型の緩やかなスロープを上がる。デジャヴ(Deja Vu)。
スロープや部屋の壁に絵が並んでる。

 ウチにあるのはどちらかというとロマンチックな感じの絵なんだけど、ここにあるのは、ロマンチックだけど、ちょっとエロチックなユーモアのあるものが多い。
なるほど、面白い。フランス人らしいな。

 そして建物には建物自体の説明が。

 なんとこの建物、あのコルビュジエの設計らしい。(フランスの近代建築の巨匠ですね。)
そういえば、あのスロープ、サヴォワ邸を歩いた時の感じに似てた。

 ペイネを見た後は、敷地内のイングリッシュガーデンをゆっくり散歩。

sato20090802-9.jpg

sato20090802-2.jpg

 今日の写真は、ZeissIkonのContessaS310で撮ったものです。

**
本宅のじぇむ・ふらんすもよろしくー。

コメント

こんばんわ!

夏の軽井沢いいですね~
ぼくもよくビーナスラインで霧ヶ峰を廻って
松本に行ったりしています。 
長野はいい所ですよね~

伯爵夫人大活躍ですね~ シャープで色乗りもいいんですね!
パリの散歩が楽しみですね。


ペイネ美術館も何度も足を運んでいます。
ここの設計はたしかアントニー・レイモンドだったと思います。
コルブの〈夏の家〉という作品をまねて造った作品だったと
記憶していたのですが。。。 
(うーん記憶がうすらいでいて自信がありませんので
 今度、空の書斎さんにも聞いてみます。 笑)
  1. 2009/08/03(月) 00:00:37 |
  2. URL |
  3. なな #-
  4. [ 編集 ]
ななさん、コメントありがとうございます。
確かにアントニーレイモンドって書いてますね。
コルビュジエの計画案を取り入れたとか、取り入れないとか、盗作疑惑まで出ていて、コルビュジエが絡んでるかどうか微妙な感じですね。
伯爵婦人は距離をマニュアルで合わせないといけないので、感がうまく合った時は、シャープに写りますが、距離を合わせ忘れて、ぼけたのも何枚かあります(^^;
  1. 2009/08/03(月) 00:21:55 |
  2. URL |
  3. さと #tQ725RIE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://photocahier.blog14.fc2.com/tb.php/1285-5f064962
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。