スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DNA 2007年04月10日 akiyasu_sukiyasu トラックバック:0コメント:2

「ときめきのDNA」
百貨店のコピーです。
DNA

年を重ねるたびに「DNA(デオキシリボ核酸)」というものを 意識することが多くなりました。
遺伝情報の担い手であり、生命設計図である DNA。
see saw

世の中には あふれんばかりの情報でいっぱいですが
情報量といったら DNA には かなわないですよね。
http://www.kazusa.or.jp/jpn/dna/kiso.html

コメント

この間記事にした「青いバラ」は、まさしくDNAのお話です。どの性質を子孫に残すかという、勘とセンスの世界だと思いました。学生の頃のえんどう豆とかおしろい花の遺伝の授業はとても楽しかったです。

めがねとDNA、考えすぎかな。
  1. 2007/04/11(水) 00:02:42 |
  2. URL |
  3. weavee #3un.pJ2M
  4. [ 編集 ]
weaveeさん
あらためて、先日の「青いバラ」の記事を読み直しました。http://photocahier.blog14.fc2.com/blog-entry-1012.html#more
力ある文章ですねぇ。アイランド花博でみた青いバラ、仰せの通り、想像していたのとちょっと違いました。薄ムラサキっぽいというか。期待しすぎると、ずるっとなっちゃうことがありがちなのかな、何につけても、ね。
遺伝子という 神の仕業であろう範疇に、同じく創造物された立場の人間が立ち入ること、人工的な力を加えること、について ちょっと考えたりもします。
  1. 2007/04/11(水) 21:48:26 |
  2. URL |
  3. akiyasu_sukiyasu #TJwWj8Lg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://photocahier.blog14.fc2.com/tb.php/1041-c26e00aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。