スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この建物は? 2008年01月29日 さと トラックバック:0コメント:1

さて、問題です。
パリにあるこの建物は何でしょう?
20080129_sato_statue.jpg
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:フランス - ジャンル:旅行

直行直帰。 2008年01月29日 tomo. トラックバック:0コメント:1

kaihana.jpg


職場と自宅の直行直帰の日々が続いている。

生活に色気もくそもないので 今日は 花でも買って帰ろうと思います。

しかし なんだね。 はやく 春にならんもんかね。寒いの飽きた。

Mybook完成間近 2008年01月27日 さと トラックバック:0コメント:2

plage-nice1_20080127.jpg

ようやくMyBookが一通りできました。あとは見直しをかけて、妻の検閲が済んだら注文です。
太ってみえる写真は検閲により削除されます

@ニースの海岸

バスティーユ 2008年01月26日 さと トラックバック:0コメント:0

 バスティーユ広場。学生の時に「火縄く(1789)すぶるフランス革命」と覚えた1789年7月14日に民衆がここにあるバスティーユ監獄を襲った事がフランス革命の開始と言われる。
 忌まわしきバスティーユ監獄は取り壊されてこのような記念塔が立つ広場になってます。コンコルドの記事で書いたように、壊された跡、使用していた石はコンコルド橋に使われたりした。塔の向こう側に立つのはオペラ座です。昔ここでオペラを見ました。というか聴きました。


 大抵の人は塔を見たりオペラを鑑賞したり、近場のレストランやカフェに行くためにここへ来るんでしょうが、私は手前の石畳の道に色の違う石がまーるく使ってある所を見に来ましたよ。
 あるサイトによるとこの通りには、バスティーユ監獄の石が使われていて、すぐにわかると書いてあった。たぶん、これなんだろうなぁ。その石。

じぇむ・ふらんす

テーマ:フランス - ジャンル:旅行

実家にて。 2008年01月22日 tomo. トラックバック:0コメント:2

kominnka1.jpg


昨日 実家にて食事をした。

うちの母親が ヤッターマンを見たらしく、
「あんな 歯切れの悪いのは 面白くない!!!」
とやたらと憤慨していた。

う~ん、何があったのやら・・・。

コンコルド 2008年01月21日 さと トラックバック:0コメント:3

la concorde:ラ・コンコルド。フランス語で調和とか融合とかという意味です。

コンコルドと聞いて、超音速旅客機のコンコルドを思い出される方もいるかと思います。

セーヌ川にかかる"コンコルド橋"には、フランス革命が始まったバスティーユ監獄の建物に使われていた石が、人々が仲良く暮らせるようにという願いを込めて使われています。

フランス革命で多くの人々が犠牲になった革命広場は"コンコルド広場"と名前を変えました。

パリ中心部のメトロ"コンコルド駅"は、アルファベットがならんだデザインです。
20080121_sato_concorde.jpg

このアルファベットは単なるアルファベットの並びではなく、人権宣言が書かれているそうです。

メトロの駅に、人権宣言が書かれているなんて素敵だと思いませんか?
パリの街には、自分達の手で、社会を変えた民衆の誇りが感じられます。

じぇむ・ふらんす

テーマ:フランス - ジャンル:旅行

絶望に効く薬。(何回目?) 2008年01月19日 tomo. トラックバック:0コメント:2

hitohito.jpg


もう何度か書きましたが、「絶望に効く薬」という漫画が大好きです。

今回は、あのドラクエを作った堀井さんのお話でした。

心の底から悲しくも ほっとしました。

よろしければどうぞ。

旅に出たいなあ。 2008年01月18日 tomo. トラックバック:0コメント:0

funefune.jpg


気がつくと、みんなの記事が旅行ばかりになっている。

まあ年末休暇だったと思えば 当然の訳で・・・。

うーん、春になったら旅行にでよう。

らおたくんの写真を見に行った。 2008年01月17日 tomo. トラックバック:0コメント:2

sora sora


昨日 時間があったので らおたくんの写真を見に行きました。

ここんとこ最近

「人間辞めて 野原に咲く一輪の花になろう・・・。」

とタイムボカンシリーズの あの三人組のようなことを言っていたので
とてもいい刺激を受けて帰ってきました。

ライブに打ち込む若者達の情熱がそこにありました。

「あ~あ、面白いことないかな~。」

「無意味にだるい。」等々感じてる方にはうってつけです。

ziziでやってます。よろしければ どうぞ。 因みに俺のもね。

ただいま。 2008年01月16日 tomo. トラックバック:0コメント:6

日常 nostalgia


ただいま。帰って来ました。

随分 長い休憩となりました。
休憩の間 随分といろんなことがあって、すこしずつ載せていければいいなと思っています。

個展をすることになりました。

毎日もんもんとしていたのですが、ちょっと開き直った感があります。

2月22日から24日の間で さくら荘という所でします。

来ていただければ、お茶の一杯でも お出ししたいと思っています。ゆっくり時間の流れる場所です。

煮詰まっている方。よろしければ どうぞ。

ニースの青い海と青い空 2008年01月12日 さと トラックバック:0コメント:2

_0011467.jpg

今回初めてニースへ行きました。天気に恵まれ、いい天気。地中海は青く、空も雲ひとつありません。
光がパリとは全く異なります。画家達がコートダジュール地方やプロバンス地方に魅せられたのも分かります。
 旅行の詳細は、じぇむ・ふらんすのフランス旅行記11にアップしましたので、こちらもご参照くださいな。

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

帰ってきました 2008年01月06日 さと トラックバック:0コメント:4

 昨日ようやく帰ってきました。
遠いです。成田空港・・・
さて、
 今回はニース、プロバンス、パリの旅でした。
ニースはコートダジュール地方、地中海沿岸の町なのですが、同じコートダジュールのカンヌと同様、映画祭でテレビに映る町の景色とかわらず、開放的な感じでした。冬なのに日差しが温かく、凄く空が綺麗で、コートダジュールの意味、紺碧海岸の通り、海は深い青色。浜辺に大の字で寝転んで来ました。
 プロバンスでは、写真の民宿に泊まりました。憧れのゴルドの町にも行けたし、民宿、タクシーの人が親切で、沢山会話もできて、楽しかったです。
maison_dhote_1.jpg

 パリでは、買い物三昧です。町は、建物が新しくなり、店も斬新な内装になっており、町の勢いを感じました。ユーロが強いのもうなずけます。
 また、ユーロの強さはカードの請求額を見て実感しました

 写真は、まずMyBookを作ってから、随時、じぇむ・ふらんすと、このブログにもアップしていきますよぉ。 続きを読む
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。